MacBookに macOS と Windows 10 のデュアルブート環境を Boot Camp で構築する

Boot Camp を使って、Mac に Microsoft Windows 10 をインストールし、Mac を再起動する際に macOS と Windows を切り替えることができます。

Boot Camp を使うには、Intel プロセッサを搭載した Mac が必要です。Apple シリコン(M1プロセッサー)が搭載されたMacにはBootcampのインストールができないのでご注意下さい。

BootCamp を使って MacBook に Windows10 をインストールする方法を紹介します。

必要な物

0.事前準備

Macを最新のOSへアップデートします。

macOS の最新のアップデート。Boot Camp アシスタントのアップデートも入っています。Windows 10 のインストールには Boot Camp アシスタントを使います。

Mac の起動ディスクに 64 GB 以上の空き領域

  • Mac に最低 64 GB の空き領域があればインストールできますが、128 GB 以上の空き領域を確保しておけば、快適に利用できます。Windows の自動アップデートには、それ以上の容量が必要になります。
  • iMac Pro または Mac Pro のメモリ (RAM) が 128 GB 以上の場合、Mac の搭載メモリと同量以上の空き領域が起動ディスクに必要です。

容量が 16 GB 以上ある外付けの USB フラッシュドライブ。フラッシュドライブがなくても Windows をインストールできる Mac を使う場合は不要です。

64 ビット版の Windows 10 Home または Windows 10 Pro を収録したディスクイメージ (ISO) またはその他のインストールメディア。Mac に Windows をはじめてインストールする場合は、アップグレード用ではなく、フルバージョンの Windows を使います。

1.Boot Camp アシスタントを使って Windows をインストール

「アプリケーション」フォルダの「ユーティリティ」フォルダにある、「Boot Camp アシスタント」を開きます。

「ユーティリティ」をクリック
「Boot Campアシスタント」をクリック

「Boot Campアシスタント」をクリックすると「Boot Campアシスタント」画面が起動します。

「Boot Campアシスタント」画面

Boot Campアシスタント画面で、「続ける」ボタンををクリックすると、Windows用として使用するパーティションのサイズを設定する画面が起動します。

Windowsに割り当てるパーティションのサイズを設定する

ここで、「0.事前準備」で用意したWindows 10 のISOイメージのファイルを指定します。

次に、Windowsに割り当てるパーティションのサイズを設定します。Macをメインに使用するので、ここではWindowsには80GBとしました。

macOS と Windows の間にある「・」を左右にスライドするとディスクのサイズを調整できます。

準備が整ったら「インストール」ボタンをクリックします。すると、Windows用のドライバー類の自動ダウンロードが開始します。

Windows用ドライバー類を自動ダウンロード

Windows用ドライバー類のダウンロードが完了すると、ディスクパーティションの作成が始まります。

設定したサイズに従ってMacのディスクが自動的にパーティションに分割される

パーティションの作成が完了すると、自動的にWindowsのインストールが開始されます。

正常にインストールが完了すると、Macが自動的にシャットダウンされ、Windowsが起動します。

2.Windows への Boot camp のインストール

Windowsが起動すると、Windows用Boot Campのインストーラー画面が起動し、WindowsへのBoot Campの設定が開始されます。

Windowsインストール後に自動起動されるWindows用Boot Campのインストーラー

WindowsへのBoot Campのインストールが完了し、システムを再起動すると、Winodwsが利用可能となります。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。